ポートランドでの成果の共有

ポートランドでのもりのべ活動のシェア(共有)。第1はケリーさんと。ケリーさんはマザーアーススクールのファウンダー。アウトドアスクールに関するエキスパートで理論的な側面での最強の人物として位置付けられる。

第2はジーンズファームでの共有。ジーンズファームは都市近郊の教育農園で、森の学校を内包している。2013年に初めてポートランドを訪れて以来、常に温かく迎え入れてくれたボク活動拠点でもある。ジーンズファームのオーナーであるスティーブジョンソン博士らの活動や考え方に影響受け、それをモデルに開始した次世代育成プログラムが上勝自然学校“もりのべ”。今夏に実践した初サマーキャンプの成果をここで共有し、意見を求める集まり(ギャザリング)を開催した。

第3はコミュ二テクチャーオフィスの訪問。主宰のマーク・レイクマンに挨拶し日本での活動を報告した。ここはシティリペアのヘッドクオーターでもあり、プレースメイキング、市民参加、新しい公共作りのいわば聖地。世界中から若者が集まる。そんな人たちに会い、わずかな時間だけど一緒にワークし、身を引き締めて帰るのが喜び。マットとも来夏の調整を繰り返す。メリークリスマス!