サマーキャンプシミュレーション1

上勝自然学校「もりのべ」サマーキャンプのシミュレーションその1。徳大フューチャーセンターA.BAでプロトタイプしたプログラムが「森」でやる意味を担っているか、子供達、親子が、先生からではなく、上勝の「森」に学ぶ土台となっているかを、森を体感しながら、そして、コミュニティの総代さんに意見を聞きながら、ひとつひとつ確認していく作業をコアチームで行いました。森でのリサーチが終わる頃を見計らい、ゴロゴロ、雷鳴轟き、森の学校ならでは「雨音ワークショップ」となりました。遠からず、こんな日常がやって来るのでしょうか。